格ゲー環境の作り方 アーケードスティック編

よし、俺はパッドゲーマーだぜ!っていう場合ならそれほど苦労はしないが、格ゲーといえば最近ではいろんなアーケードスティックがお店で売られている。

一昔前だったら、HORIの「リアルアーケードプロ」シリーズが最高の家庭用アーケードスティックであった。しかし、今はアメリカのMADCATZというメーカーがHORIに品質で負けていないアーケードスティック(以下アケステ)を出すようになり、今はさらに海外の大手ゲーム用周辺機器メーカーRazerが新たにアケステを開発するようになった。


正直な話、アケステはなんでも良いと思っているが、これだけいろんなアケステがある中でアケステを初めて買う人たちにはどのアケステ買えば安定なのっていうのがあると思う。とりあえずは選んでおけば安定だと思うアケステを今回は考えてみようと思う。



とりあえず買えば安心



リアルアーケードPro.V3 SA(PS3用)
リアルアーケードPro.V3 SA(PS3用)


・価格が割と安い

・Amazonでも販売されていて品切れが少ない

・基本的な機能は抑えている(ボタン配置が現在主流のVEWLIX筐体配置、連射装置、業務用でも使われている三和電子製のパーツなど)

・普通に使用していればまず壊れることはない

・入手がしやすい(amazon、ゲームショップ、家電などだいたいどこでも買うことが出来る)


といった点から万人向けのアケステといえばこれだと思う。価格もほぼ1万円ぽっきりで買える価格とそこまで敷居は高くない。ただ一つ気になったのはアケステの底の滑り止めに使われている防振ゴムが小さく、アケステ自体の重量も軽めなので、机に置いて使用した時は激しくズレたり滑ってしまうということがよくある。膝に置いて使用するのが望ましい。机に置いてプレイする時は底に防振ゴムを貼りつけるなどして各自工夫が必要。


Mad Catz Arcade FightStick PRO (PlayStation3) (マッドキャッツ所属プロゲーマー「ウメハラ」、「ときど」、「マゴ」使用モデル)
Mad Catz Arcade FightStick PRO (PlayStation3) (マッドキャッツ所属プロゲーマー「ウメハラ」、「ときど」、「マゴ」使用モデル)


・MADCATZの最新モデルのアケステで海外の大会でもプロゲーマー達が使用している

・業務用三和電子製パーツ+VEWLIX配置という鉄板構成

・価格も定価が1万2800円とそれほど高くはない

・滑り止めがしっかりしているので机に置いても動きづらい。軽いので膝に置いてもプレイしやすい


現在、自分が最も良いと思っているアケステの一つ。マッドキャッツの前作アケステ「トーナメントエディション」での良い点を引き継いで、さらに不満点を解消したような洗練されたような感じ。注目なのは手前に傾斜している手首置きの部分で、机の上に置いてプレイしてても疲れにくくなっている。


Mad Catz ストリートファイターIV ラウンド2 アーケード ファイトスティック トーナメント エディション for Xbox 360® MCX-FS-SF4TE-R2
Mad Catz ストリートファイターIV ラウンド2 アーケード ファイトスティック トーナメント エディション  for Xbox 360® MCX-FS-SF4TE-R2


・価格が1万円を切っていて安め

・海外の大会では使用している選手も多く、信頼性も高い

・重量もそれほどなく滑り止めもしっかりしているので机に置いても膝に置いても操作がしやすい

・天板に付いたネジを六角レンチで外すだけでボタンやレバーの取り外しが出来るメンテナンス性の高さ


さきほどの「ファイトスティックプロ」が登場するまではHORIの「リアルアーケードプロ(RAP)」シリーズと双璧をなすアケステだった。自分も本格的にアケステを買って家で格ゲーをやり出した時はこのアケステを買ってプレイしていたので愛着がある。数年前であれば、このアケステを探しても品切ればかりで入手が困難であったが、近年は日本国内にも、マッドキャッツが支社を置くようになったためか、入手が簡単になってきた。

特に理由がなければ「ファイトスティックプロ」をおすすめするが、この「トーナメントエディション」も完成度が高いアーケードスティックなのでおすすめである。


ソウルキャリバーV アーケード ファイトスティック ”ソウルエディション” Xbox 360
ソウルキャリバーV アーケード ファイトスティック ”ソウルエディション” Xbox 360


・3D格ゲーに多い「ノワール配置」なのでVEWLIX配置が馴染まない人に

・価格が安い

・ボタンがデフォルトでソウルキャリバー5の位置になっているので買ってそのままプレイ出来る


近年のアケステは「VEWLIX」筐体のボタン配置になっていることが多いが、このアケステは3D格ゲーに多いノワール配置になっている。鉄拳やソウルキャリバーをプレイすることが多いプレイヤーならば手に馴染みやすいアケステだと思う。



その他


Team Mad Catz Arcade FightStick SH (静音) (SF25周年 ウメハラ、ときど、マゴ使用モデル) (PS3対応版)
Team Mad Catz Arcade FightStick SH (静音) (SF25周年 ウメハラ、ときど、マゴ使用モデル) (PS3対応版)


・レバーとボタンが静音仕様の三和電子製パーツ

・重量があり安定感がある

・VEWLIX配置


アケステを使用した時の騒音によって同居人に怒られていたり、隣人から壁ドンなどとにかく音の大きさを抑えたい人向けのアケステ。操作性は、ボタンを押したときのボタンのストロークが若干浅く、押したときの感触が分かりづらいように思うが、音は確かに既存のものよりも高く響く音がかなり抑えられているので静音性は確か。


Razer Atrox Arcade Stick for Xbox 360 【正規保証品】 RZ06-00730100-R3M1
Razer Atrox Arcade Stick for Xbox 360 【正規保証品】 RZ06-00730100-R3M1


・とにかくメンテナンス性がピカイチ。ボタンを押すだけでワンタッチで天板を開けられる

・Razer特有デザインがカッコイイ天板+自由に天板のデザインを変えられる

・VEWLIX配置+三和電子製パーツの業務用筐体準拠

このアケステはメンテナンス性が高い。手前に付いたボタンを押すことで天板が開けられるのでボタンの調子が悪いと思った時はすぐに交換が出来るようになっている。さらに、天板のシートを取り換えるだけで自分の好きな天板のデザインに変えることが出来る。とにかく改造したい、オリジナリティーを出したいという人にはおすすめしたいアケステである。


まとめ

このブログでも何回かアケステの記事を書いたが、結論はやはり自分が使いたいアケステを選ぶべきだと思う。最近は色んな種類のアケステが販売されていて迷うと思うが、良質なアケステが多いので自分の財布事情と相談しながらお気に入りのアケステを選んでほしい。ちなみに筆者はマッドキャッツの「バーサスエディション」を机に置いてプレイするのにハマっている。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

はなけい

Author:はなけい
基本は2D格ゲーマー(恋姫†演武、スト5とか)。たまにゲームイベントに顔出したり、格ゲーの対戦会開いたりしてます。LANパーティーがしたい!

・Twitter:EXFireball_Man

・PSID:hananokeiji130R

・Steam:pantograph037

・Origin:pantograph037

・Battle.net:c0wardid

・Youtubeチャンネル:FIREBALL MAN https://www.youtube.com/user/shitennouji

・Twitch:Fireball_man http://www.twitch.tv/fireball_man

・Gmail
Twitterをお持ちではない方、DMではやり取りがしづらいという場合は、「marspeople31@gmail.com」までお願いします。

C4 LAN 2017 WINTER

ムラタ式最大反撃

twitter

検索フォーム